カードローンをする際の総量規制とは?

カードローンをする際の総量規制とは?

カードローンを使ってお金を融資してもらいたい場合、忘れてはならないのが「総量規制」という法律が存在することです。「総量規制」とは、カードローンやキャッシングを消費者金融から受ける場合、年収の3分の1までしかカードローン審査ができない法律です。例えて考えると、年収が300万円の人がカードローンを組む際には借入金が100万円までと、限度額が決められてしまうことです。

なぜ総量規制が制定されたのか?

総量規制とは、法律の中の「賃金業法」の中で定められています。賃金業法は2006年12月に制定され、2010年6月に賃金業法内のすべての規定が施工されました。総量規制はその法律内の一つの規定ですが、制定された理由として大きいのが、“自己破産の急増”です。消費者金融を使ってカードローンの利用者が増えた結果、過剰貸付が発生しやすくなりました。しかし期限内の返済が困難な利用者が多く、自己破産へと追い込まれる利用者が一時的にですが、非常に増えたためにこのようなルールができました。

すべてのカードローンに適用されるのか?

総量規制は「賃金業法」ですので、消費者金融や信販会社などの「賃金業者」として登録されている会社からのカードローンやキャッシングなどに適用されます。しかし銀行法・信用金庫法の元に営まれている銀行や信用金庫は賃金業法が当てはまりませんので、そちらでのカードロンを利用する際は、総量規制がかかることはありません。